二足歩行しかできないカンガルーキャット 安楽死のために連れられてきた病院で起こったこととは?

この猫の名前は「カンガ・ルー」。その名の通り、その容姿がまるでカンガルーの姿のようなので名付けられました。

後ろの二本足で立つ姿はとても可愛らしいですが、この猫がこうしているのには理由があるのです。

出典 Love Meow

カンガは、カリフォルニアの病院に安楽死させられるために連れてこられました。まだ生後4週間程だったそうです。

橈骨発育不全という病気を持っていたカンガは、前足で自分の体重を支えることができませんでした。

しかし、そんな不自由な暮らしにも負けずにカンガはすぐ周りの人に懐いてしまうのです。

そんな姿を見て、動物保護団体一員であるシェリルさんはカンガが安楽死させられるという事実に耐えられませんでした。

そこで、自分の施設にカンガを引き取らせて欲しいと頼みます。そうしてカンガはシェリルさんの施設で保護されることになったのです。

出典 Love Meow

何とか安楽死という事態は避けられたカンガ。

シェリルさんはインターネットなどを使い精力的に里親探しを始めます。

すると、ジョイスさんという方がカンガを家で飼いたいと名乗り出てくれました。

そしてカンガは、元からジョイスさんに飼われていた他の猫たちと一緒に暮らすことになります。

いったいどのような生活になるのでしょうか。写真から伝わるその様子はとても幸せそうなものでした。

それらの写真をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントをどうぞ