死期が近いほとんど寝たきりの高齢チンパンジー かつての飼育員との再会で見せた反応に涙が溢れる

重度の病気にかかっていた59歳のチンパンジーの名前は、”ママ”。

ママの病気は深刻で、もう回復の見込みはありません。死がすぐそこまで迫っていたのです。

そんなママは、古い友人と会うことになります。その人は友人でもあり、育ての親とも呼べる存在でした。

久しぶりの再会

ママは、オランダのアーネムにあるバーガー動物園で育ちました。59歳という年齢は、ヨーロッパの中でも最高齢です。

出典 youtube

寝たきりのような状態になってしまったママ。もう食べることも、水を飲むことも拒否するようになります。

そんなママを訪ねてきたのは、ユートレヒト大学の行動生物学の名誉教授であるジャン・ヴァン・ホッフさん。霊長類の研究者の第一人者としても知られるジャンさんは、バーガー動物園にあるチンパンジーコロニーの設立者でもありました。

ママの飼育員としてずっと一緒にいたジャンさん。

出典 youtube

久々の再開を果たしたママはどのような反応を見せるのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • 凄く感動しました❗
    ちゃんと昔を覚えていて、
    愛情の表現が出来るなんて、なんて素敵な再開でしょうか⁉

コメントをどうぞ