殺処分が行われる動物病院へと向かう道、その猫は涙が止まらぬ飼い主の手を握り続けた

猫のアンドリュー

この猫の名前はアンドリュー。飼い主であるアンドリュー・バーンハードさんからとった名前です。アンドリューはバーンハードさんの家族と実に15年以上もの間一緒に暮らしてきました。

cat1
出典 REDDIT/ABERNHA3

この写真は、バーンハードさんの家族がアンドリューを安楽死させるために動物病院へと連れていくときに撮られたものです。アンドリューは飼い主の手をずっと握りしめていました。

バーンハードさんはこの写真をRedditというアメリカのSNSにて投稿します。「アンドリューは自分の最後のおでかけとなる動物病院への道のりで、私の手を握り続けていた。アンドリューは私なんかよりずっと強いんだ。」と文章を添えました。

いったいアンドリューには何が起こっていたのでしょうか。そしてバーンハードさんとアンドリューはどのような関係だったのでしょう。

アンドリューという名前

アンドリューはバーンハードさんと共に成長してきました。アンドリューを飼い始めたのはバーンハードさんが高校に入ってすぐのことだったようです。それ以来バーンハードさんとアンドリューはずっと一緒です。アンドリューさんの高校生活、大学生活、研修医の日々、結婚、すべてを一緒に歩んできました。

飼い始めた当時から、アンドリューは外へ出かけるのが大好きだったようです。その姿はまるでバーンハードさん自身のようでした。だからこの猫は「アンドリュー・バーンハード」さんのジュニアということで、アンドリューと名付けられます。2人はいつだって一緒で、固い絆で結ばれていました。

そんなアンドリューをなぜ安楽死させるのでしょうか。

安楽死のワケ

バーンハードさんによると、アンドリューは動物病院に向かう時から自分に何が起こるのかを悟っていたようでした。お別れの時が来たということをこの猫はわかっていたのです。いったいアンドリューには何が起こっていたのでしょうか。なぜ安楽死をしなければならなかったのでしょうか。それはバーンハードさんの苦渋の決断によるものでした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • 殺処分じゃなくて安楽死だろ
    同じような理由で愛猫を天国に送った私や私の家族、愛猫家たちに対する冒涜だ。
    記事の内容でなく、編集者への怒りで画面が読みづらい。

  • 作り話 過ぎる
    有ったとしても むごすぎる 
    こんな人動物飼う資格なし 最後まで面倒見ろ。

  • 病院へ向かう悲しいときに何故写真に納める事が出来るの?何故そんな気持ちになるの?何を残したいの?こんなんにコメントしてる自分も嫌になる。
    もう2度と家族に迎え入れないでね。最低やね。

  • 手なんか握ってないよ。連れていかんといてって言ってるねんで😢

  • やめて、殺さないで!の間違いでは?
    だって目が必死。

  • 話的には完全な老衰。老衰の子を安楽死はまず考えられない。病気で苦しんでもおらず、ましてや欧米でこのようなことはまず考えられない。話の真偽を疑う。

  • こういうのを人間のエゴっていうのかねぇ

  • なにが安楽死だ!
    俺が飼ってた猫は動かなくなって2日間、目も開きっぱなしで渇いた状態で亡くなるまでずっと見守ったぞ!
    母ちゃんはその間ずっと泣いてたぞ!
    最後まで責任を持て!
    安らかに亡くなるとしても苦しんで亡くなるとしても見守るのが飼い主としての責任だ!ふざけんなよ!

  • 今うちの犬が調子悪いらしくお腹壊してるだけだと親は言っているが心配すぎて涙が止まらない
    けどこれ見て違う涙が出てきた
    人間の自分勝手すぎること
    病気ならまだしも老衰の子を殺すのはどうなの?何年も一緒に暮らしてきた家族じゃやいの?あの子も絶対に最後まで一緒にいたいって伝えてたんじゃないの?悲しいはずなのによく写真撮れたね頭おかしいんじゃないの?殺処分されるのは猫じゃなくて飼い主じゃないの?
    あの猫のこと考えると涙が止まらないことと同時に家の犬はまだ若いけどもっと長い時間一緒にしたいって思った。
    あの猫の冥福を祈ります

  • 今月半ばに13年間一緒にいたわんことお別れした。最後の数日間は本当に辛そうだったし、亡くなる瞬間も苦しかったんだろうなと思った。
    もし私が彼女だったら安楽死を望んだかもしれないと思った。
    動物は最後まで生きたいと思っている。
    安楽死は反対だと思ってる私もエゴなのかもしれない。
    話せない動物には難しい話だ。
    長年連れ添った相棒が、安楽死を悟って手を握ってくれたと感じたのであれば、そうなのではないかねと私は思う。

  • 胸糞悪い。
    糞みたいなエゴの塊の飼い主だな。
    動物がもう死にたいなんて思うことはない。
    動物は最後の一瞬まで生きたい。ただ生きたい、その一心だ。
    そしてたとえ具合が悪くても、何も食べられなくても、飼い主の傍にいたいと思うだろう。
    最後の最後でそれを自分の酷いエゴによって裏切った。
    猫はどうして?なぜ?と怒り、恨みを持ちながら死んでいったことだろう。

  • 苦しくてのた打ち回るなら、楽にしてあげようと安楽死させるなら分かるけど…。
    衰弱して自然に、安心な家で命を全うさせる事はできなかったのかな。

匿名 にコメントする Cancel Reply