おじいさんと馬の絆。種族を超えた家族の愛。

人生において死は常についてくるものです。
特に自分の死よりも、身近な人の死は長い人生において何回も体験するものですよね。

今回は一人の老人男性と彼が死ぬまで一緒に生きた馬との切ない物語です。
人間ではなくても、人の死に寄り添う馬の行動にあなたも感動するはずです。

大切な誰かを思う気持ちを思い出してみましょう。

_image_600x315 (12)
出典 YouTube

今回の主人公はロベルト・ゴンザレスさん。彼は1970年のベトナム戦争で負傷し、それ以来体がマヒしてしまい、寝たきりの生活を送っていました。
そんな彼には大きな夢がありました。それは「テキサスで牧場を開いて、大きな馬と暮らしたい!」

ゴンザレスさんはその夢を叶えるために必死に努力しました、その結果テキサスで唯一の公認トレーナーとなり、牧場で馬を育てることができるようになりました。

夢を叶えたゴンザレスさん、彼が掴んだ夢の先にあったものとは・・・?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントをどうぞ