男の子の最期の願いを聞き入れたサンタクロース ”夢”を与え続けた姿に感動が止まらない

アメリカテネシー州に住むエリックさん。
彼は「サンタクロース」として公式に活動している人物でした。
そんな彼の下に急ぎの依頼が舞い込んできました。

それは本当に急を要するものでした。
しかも電話をかけてきた依頼先は地元の病院に務めている知人の看護師でした。
そんな急な依頼だからどんな内容のものだろう?そう思ったエリックさんは依頼を聞いてました。
依頼の内容は5歳の男の子が「サンタさんに会いたがっている」という想像を裏切るような普通の内容でした。

何故そんなにも急ぎの案件なのか?
訝しく思いながらもサンタとして子供の夢を壊す訳にはいかないと思ったエリックさんはこの依頼を受けることに決めました。
そして入院中の5歳の男の子に急いで会うためにとりあえずサンタクロースの陽のサスペンダーだけして向かったのでした。

sannta(出典:www.knoxnews.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントをどうぞ