初めてお互いに触れ合うことができた親友 孤独に耐えたからこその歓喜の抱擁に胸が熱くなる

犬と人間の絆などがよく注目されることはありますが、もちろん犬同士にだって深い絆はあるのです。

この犬の名前はメッシー。とてもお利口なラブラドールレトリバーだそうです。

出典 boredpanda

この犬には親友がいました。

その親友とは、アウディという名前のシベリアンハスキー。しかしこの二匹はお互いに触れ合ったことすらないのです。

それなのに「親友」とはどういうことなのでしょうか。

寂しい思い

アウディはメッシーが暮らしている家から、道を挟んだ反対側の家に住んでいました。

そこの飼い主さんは、仕事でよく長い時間家を外しており、アウディはとても寂しい思いをしていたようです。

メッシーの飼い主さんはこう語りました。

アウディが寂しさを感じて鳴き始めると、メッシーに「様子を見て、話しに行ってあげて」と頼むんです。メッシーは自分の家のフェンスまで行き、アウディのことを見に行きます。時々吠えてコミュケーションもとっているようでした。私は二匹が何を喋っているのかはわかりませんが、メッシーが様子を見に行くとアウディは鳴くのをやめるんです。

この二匹は道を挟んでお互いの友情を育んでいきました。

するとある時ハプニングが起きたのです。そのハプニングのおかげで二匹は巡り合うことができます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントをどうぞ