漫画で伝える実体験『ブスが美人に憧れた話』!「美人は性格悪い」とけなしていた自分が一番…と気付き取った行動とは

『ブスが美人に憧れた話』と題し、自身の体験談をTwitterに投稿したのは、フジコだぴょん(@ogoogoyakitori)さん。

「突然ですが私はブスでした」というキャッチーでいて、かなり厳しい言葉で始まったこの投稿、

最後まで読んでいくと、自分も失っていたかもしれない“なにか”に気付けるかもしれない、

そんな大切なストーリーです。どうぞ、読んでみてください。

「突然ですが私はブスでした」
busu
(出典 Twitter)

いつも髪はボサボサ
顔はノーメイクでガサガサ
スキンケア? 何それ?

ゆったりLLサイズの服に
汚れた布のトートバッグ

かかとを踏みつぶしたスニーカー
不機嫌な顔

身長160cm 体重60㎏オーバー

busu1
(出典 Twitter)

趣味はネットで「復讐系のスカッとする話」を読むこと。

ジャンクフードを食べながら人の噂話や悪口を言うこと。

街で幸せそうなカップルを見れば「リア充は氏ねwww」と言い、

美しい女性を見れば「ビッチ」「BBAが無理してるwww」と笑い、

またそれを良しとする友人に囲まれていました。

あと腐女子です。

busu2
(出典 Twitter)

そんな私なので、職場では誰とも仲良くせず、常にひとりで自席でカップメンとか食べていました。

本当は誰かと外へランチや社食へ行きたかったのですが、仲間はずれが怖かった。

すてきなカフェでひとり浮く自分が怖い。

元、不登校のイジメられっ子です。

busu3
(出典 Twitter)

昼休みの楽しみはツイッターでした。

たいそうな人見知りですがツイッターでは気楽に人と話すことができました。

busu4
(出典 Twitter)

ある日、ツイッターのフォロワーさんたちとオフ会をすることになりました。

さて、フジコさんのオフ会はどうなったのでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントをどうぞ