「この犬はお金になるよ」 信じ難い言葉が飛び交うオークション会場で全108匹を買い占めた団体 その行動の理由に心が切なくなる・・・

今回ご紹介する話はアメリカのミズーリ州にて発生した動物にまつわるエピソード。
事の発端は「パピーミル」と呼ばれる悪徳なブリーダーが行っているオークションでした。
そこではたくさんの犬が競売にかけられていました。
しかしその犬たちはどの犬も健康状態に問題があり、明らかに劣悪な環境で生活させられていることが窺えるほどでした。

オークションにかけられていたのは「キャバリア・キングチャールズ・スパニエル」という犬種でした。

retuaku
出典:www.boredpanda.com

見た目が非常に可愛らしく、長らくイギリスの王室で愛されていたというこの犬は
狭くて汚い環境下で大量に同じ場所に押し込められ飼われていました。
当然のことながらそんな環境で飼育されていたので、この犬の間には感染症が流行しました。

retuaku2 出典:www.boredpanda.com[/caption]

しかし、このパピーミルというブリーダーは病気にかかった犬たちを治療しようとはしなかったのです。
そしてそのままこの犬たちをオークションに出品したのでした。

するとオークション当日、とある団体がこのパピーミルが出品した犬たち総勢108匹を買い占めたのでした!
その団体の目的とは一体何だったのでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントをどうぞ