車にひかれた犬を見かけたバスの運転手 バスを止めると彼は乗客全員にこんなお願いをした

この出来事は、コロンビアのボゴタという街で起きました。

ボゴタの街を走る一本のバス。そのバスを運転していたドライバーは、一匹の犬が車に轢かれていることに気がつきます。居ても立っても居られなくなったこのドライバーはバスを止めました。

そしてすぐにその犬の元まで駆けつけて、その犬をバスの中まで運び込みます。

出典 pinterest

その犬を段ボールの上に置いて、安静を保てるようにしました。周りの乗客も最初こそ騒然としていましたが、状況が分かると協力的な態度になります。しかし、このバスドライバーも乗客も専門的な知識があるわけではありません。このままではこの犬も命を落としてしまうでしょう。

とは言え、このバスは営業中のバスです。

そこで、このバスドライバーはこんなお願いをしたのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントをどうぞ