人間でいうと90歳にもなる超高齢の犬。その犬は保護センターにたどり着くと職員によって保護されました。視力、飼い主、住む家、生きていくのに必要なものを全て失った犬は久しぶりの人肌に触れて思わず・・・